TOP

Information JAPAN

「旅行手配」をもっと快適に。インバウンド特化型ポータルマッチングサイト

Information JAPAN

冬の贅沢食材、蟹を堪能しよう

冬の味覚の王様といえば「蟹」!

冬の味覚といえば、なにを思いつくでしょうか?
私はなんといっても「蟹」です!中でも、ズワイガニです!
ズワイガニは、その高い食味から冬の季節の代表的なグルメとして、特に日本で非常に人気があります。

価格は産地や大きさ、新鮮さによって変動しますが、
特別な日やお祝い事の席には欠かせない食材として位置づけられています。

今回のコラムでは、カニの中でもズワイガニについて、知っていそうで知らなかったあれこれをご紹介します。
この冬味わうカニが、ひと味もふた味も変わるかも?!

ズワイガニには港の数だけ名前がある。

港の数だけ・・・というのは少々大げさですが、水揚げされる場所により異なる名前で呼ばれます。
そしてカニの足に付けられた、色とりどりの「タグ」は地域ブランドの証です。


福井県の港で水揚げされる「越前ガニ」は、
大正時代から皇室に献上されていて、ズワイガニの最高峰とも呼ばれます。
福井県沿岸の海域は、暖流と寒流がぶつかる漁場のためプランクトンが豊富。
さらに、地形がカニにとって理想的であるために、身がしまって重量感のあるカニに育ちます。
だから美味しいのですね。

「地元の人が食べ切ってしまう」という噂も流れるセイコガニ

ズワイガニのメスを、福井県ではセイコガニ(セコガニ)と呼びます。
オスと比べるととても小さく、身を食べるのもひと苦労。
セイコガニの魅力は、何といっても甲羅の内側の内子(うちこ)と、お腹の周りについた外子(そとこ)。
濃厚な内子に対して、外子はプチプチと食感が楽しい!


福井の家庭ごとにいろいろな食べ方をするようですが、圧倒的に多いのは汁物。
旨味の強い出汁が出るうえに外子のプチプチ食感も楽しめます。
これにはさすがの越前ガニ(オス)も勝てません。
オスガニにはない美味しさがある。
漁期が短いことから沢山の量が取れない。
値段が手頃なため、地元の方々に重宝される。

・・・となれば、周辺に出回らないのも納得です。
福井に行ったらぜひ食べていただきたい逸品です。

黒いぶつぶつの正体は?!怖いけど知りたい!

さて、質問です。
カニの甲羅に黒いブツブツが付いているのをよく見かけますが、これは何でしょうか?
答えは、虫です。カニビルと言います。正確にはカニビルの卵です。
虫なのは事実ですが、これが適度についたカニは美味しい、とされています。
脱皮からある程度の時間がたっているので、身が詰まっている証拠で、
カニのプロも、良いカニを選ぶときの基準のひとつにもなっています。

あの黒いブツブツは、美味しさのバロメーターなのでした。


蟹のおいしい食べ方

蟹の食べ方にも、こだわりたいところです。
どのように調理すれば、蟹をさらにおいしく食べられるでしょうか。
ここでは、蟹のおいしい食べ方について紹介します。

1. 刺身

新鮮な活ガニなら、そのまま刺身として食べるのも一興です。
生きたまま直送されてくる活ガニは、身が引き締まっていて刺身で食べると絶品です。


刺身での食べ方自体は、とてもシンプルです。
鮮度の良い蟹は甘みや旨味が強いので、醤油やポン酢を少しつけるだけでもおいしく食べられます。
むしろ、醤油やポン酢はあまりつけすぎないようにすると、蟹本来の甘みや旨味が感じられて味わいも増します。
毛ガニやズワイガニはかにみそもおいしいので、刺身で食べる場合はかにみそと絡めて食べてみるのも良いでしょう。

2. ボイル

蟹は火を通しても、おいしく食べられる食材です。
ゆでてある状態で売られている蟹も多く、ポピュラーな食べ方のひとつだといえます。


茹でたては何もつけずに食べても良いですし、甘酢やポン酢で食べても蟹の味が引き立ちます。

3. 焼きガニ

タラバガニ、花咲ガニなら、「焼きガニ」がお勧め!
甲羅ごと炭火でこんがり焼いた「焼きガニ」の魅力は、立ちのぼる香ばしいかおり!
焼くことで水分が飛び、旨みがぎゅっと凝縮された焼きガニは、
ホクホクの食感と口いっぱいに広がる磯の香りがたまりません!

4. カニ鍋

カニ鍋の魅力は、ほかの食材と一緒に蟹を楽しめるところです。冬に食べる蟹料理の一品としても、人気の調理方法です。
カニ鍋を作るときは、蟹に火を通しすぎないようにすることがポイントになります。
火を通しすぎると、蟹独特のプリプリした食感が失われてしまうので気を付けましょう。


カニ鍋を楽しんだ後は、雑炊でしめると蟹の風味が感じられて、最後までおいしく食べられます。

まとめ

カニの解禁は日本の冬の風物詩として知られ、これを目当てに多くの外国人観光客が日本を訪れます。
特にアジア諸国からの観光客には、新鮮なカニ料理が大きな魅力となっています。
心とお腹の準備をして、GoToカニ!!
Information JAPAN
をご活用頂き、訪日観光ビジネスの可能性を広げてみてはいかがでしょうか?
365

Information JAPANにお任せくださいFOLLOW US

日本が「観光立国」を目指している昨今、インバウンド受け入れ整備の重要性は日に日に増しております。 旅行代理店様の「インバウンドツアーをもっとスムーズに手配したい」、飲食店・観光施設様の「もっと多くのインバウンドを受け入れたい」どちらの想いもInfomation JAPANが叶えます。 豊富な実績を誇るInfomation JAPANが、旅行代理店様・飲食店・観光施設様・訪日ゲストの全員が満足できるツアーのお手伝いを致します。