TOP

“旅行手配”をもっと、快適に

Information JAPAN

一般メニュー

サービスについて

その他・お問合せ

中国に狙われる日本旅館

こんにちは、営業担当の青木です。
いよいよ本格的な梅雨シーズンに入りました。

普段のInformation JAPANであれば夏休みの中国団体向けツアー手配が着々と進んでいってる頃ですね。

今年はオリンピックイヤーだったので更に多くの訪日旅行客が見込まれていました。残念・・・

新型コロナがもたらした被害は甚大ですが、そうはいってられないので前向きに考えると、

「旅行」という商品を改めて考えさせてくれる 良い機会になっているのではないでしょうか?

今までのインバウンド団体旅行といえば、

・格安ツアーとアッパーツアーの二極化
・ゲスト国主導の価格(予算)策定
・キャンセルや人数添削による補填処理


要は、日本の施設や旅行会社が本当の施設価値を提示できているか?という問題ですね。

新型コロナウイルスとの闘いを経て、未だ正式なワクチンは民間流通していない中で、

中国の富裕層が既に先手を打ってきています。

いち早く新型コロナウイルスから立ち直った中国経済(富裕層圏)は割安になった旅館を買取に動いています。

そして、昨今の香港情勢から鑑みても資産を国外に移したい富裕層は挙って投資先を模索中で、

中国から近い、治安も良い、観光立国に向けて整備を進めている、と言う点において日本は注目されています。

特に人気があるのは、GR(ゴールデンルート)沿いの富士・伊豆の静岡エリアだそう。

引用元:静岡県 乙女峠からの富士山
渡航制限がかかっているため、日本国内のエージェント経由で、オンライン視察。時代を感じますね。

もちろんそれでも旅館が存続していくためには「集客」が不可欠なので、

ここでもInformation JAPANは一役買って出れると思います。

国内外の多国籍なエージェントと取引をしている本サービスでは、アジア圏のゲストから欧米圏のゲストまで、

サイトに情報掲載をして頂くことでお客様の取りこぼしがないようしっかりとサポートさせて頂きます。

富士・伊豆エリアのある静岡県で注目の施設様はこちらです!

393

Information JAPANにお任せくださいFOLLOW US

日本が「観光立国」を目指している昨今、インバウンド受け入れ整備の重要性は日に日に増しております。旅行代理店様の「インバウンドツアーをもっとスムーズに手配したい」、飲食店・観光施設様の「もっと多くのインバウンドを受け入れたい」どちらの想いもInfomation JAPANが叶えます。豊富な実績を誇るInfomation JAPANが、旅行代理店様・飲食店・観光施設様・訪日ゲストの全員が満足できるツアーのお手伝いを致します。