TOP

Information JAPAN

「旅行手配」をもっと快適に。インバウンド特化型ポータルマッチングサイト

Information JAPAN

日本の年末年始の行事について

はじめに: 日本の年末年始は、お正月に幸せをもたらす神様である「年神様」を各家庭お迎えするため、伝統的な行事や独自の文化が色濃く表れる特別な季節とも言えます。さてそんな日本の年末年始の行事には、どういった関連行事があるのか詳しくご紹介致します。

1.年越しそば(としこしそば)

年越し蕎麦は、そばのように細く長く長寿であるよう願い、大晦日に食べます。江戸の町人の間で慌ただしい月末に手っ取り早く食べられるそばを好んだ「晦日そば」という風習が大晦日に残ったものです。

2.除夜の鐘(じょやのかね)

除夜の鐘 大晦日は、年神様を寝ずに待つ日とされてました。その前にお祓いをするために、寺院では深夜零時をまたいで除夜の鐘を108回打ち、108つあるという人間の煩悩を祓います。

3.初日の出(はつひので)

初日の出は、新年の幕開けの象徴です。年神様は日の出とともにやってくるという説もあり、見晴らしのいい場所へ出掛けて、その年最初の日の出を拝むようになりました。とくに山頂で迎える日の出を「御来光」といいます。

4.おせち料理(おせちりょうり)

年神様に供えるための供物料理。家族の繁栄を願う縁起物が多く、めでたさが重なるよう重箱に詰めます。このおせち料理のほかに、邪気を祓い不老長寿を願ってのむ薬酒である「お屠蘇」、年神様に供えた餅を下ろして頂くための料理で、酒宴の前に胃を安定させる「雑煮」などがあります。

6.初詣(はつもうで)

新年になると、神社や寺院に初詣に行く習慣が広く行われます。年の初めにお参りすると新年の幸福が増すともいわれるため、年神様のいる方向に参拝する「恵方参り」、有名な社寺にお参りしたりします。

7.書初め(かきぞめ)

書き初めをして、新年の抱負や目標をしたためます。「吉書」ともいい、年神様のいる恵方に向かって祝賀や詩歌を書いたことに由来します。本来は事始めの1月2日に行います。 終りにこれらの日本の年末年始の行事や習慣は、日本の文化と伝統を反映し、家族や友人との結びつきを強化し、新しい年を祝う特別な方法として今も親しまれています。 年末年始に日本を旅する機会が有れば是非何か体験しては如何でしょうか。 Information JAPAN
423

Information JAPANにお任せくださいFOLLOW US

日本が「観光立国」を目指している昨今、インバウンド受け入れ整備の重要性は日に日に増しております。 旅行代理店様の「インバウンドツアーをもっとスムーズに手配したい」、飲食店・観光施設様の「もっと多くのインバウンドを受け入れたい」どちらの想いもInfomation JAPANが叶えます。 豊富な実績を誇るInfomation JAPANが、旅行代理店様・飲食店・観光施設様・訪日ゲストの全員が満足できるツアーのお手伝いを致します。