TOP

Information JAPAN

「旅行手配」をもっと快適に。インバウンド特化型ポータルマッチングサイト

Information JAPAN

【日本文化深掘り】土用の丑の日とうなぎの関わり - 古来より続く伝統的食文化

はじめに

日本の季節行事の一つである「土用の丑の日」
その由来や伝統を思い浮かべると、多くの方が「うなぎを食べる日」と捉えることでしょう。

2023年の土用の丑の日は7月30日となりますが、
この日に特別にうなぎを食べる背景には、江戸時代の商人の知恵と、その後の伝統が続いています。


土用の丑の日 その由来

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が広まったのは、江戸時代にさかのぼります。
当時、夏場の商売が鈍化するうなぎ屋が、
平賀源内に頼んで丑の日の宣伝文句を考えてもらったことが始まりとされています。

それがうなぎの売り上げ増加につながり、土用の丑の日にうなぎを食べるという習慣が広まったのです。

「土用」とは元々、四季の季節が切り替わる頃の18日間を指し、
その間、農作物に悪影響を及ぼさないよう、土を休ませる日々でした。

その中で特に、「丑の日」が注目される理由は何でしょうか?
それは、日本の食文化と深く結びついているからです。




元気の出る「うなぎ」

夏の暑さで疲れやすい身体を元気づける食材として、うなぎは古くから日本人に親しまれています。
高たんぱくでビタミンA、Eを多く含み、滋養強壮美容に効果があります。
特に、うなぎに含まれるビタミンB1は、疲労回復に効果的で、暑さで消耗したエネルギーを補うのにぴったりな食材です。


地域によるうなぎの楽しみ方

地域によっては、その楽しみ方に特色が見られます。
日本各地のうなぎの食べ方とその地域色について探ります。

まず始めに、東京の「うな重」から見ていきましょう。
甘辛く煮つけられたうなぎは、ごはんの上に綺麗に盛られ、一つ一つが芸術作品のよう。
とろけるような口当たりと共に、暑さでくじけがちな夏の体力を取り戻します。

一方、愛知県では、うなぎを蒲焼きにした「ひつまぶし」が有名です。
一度に三つの味わい方が楽しめるこの料理は、まずはそのまま、
次に葱やわさびをトッピングし、最後に出汁をかけて食べるのが定番です。

また、長崎県では「うなぎ飯」が親しまれています。
蒲焼きのうなぎと炊き込みごはんを一緒に炊き込むことで、うなぎの旨みがごはん全体に行き渡ります。

このように、全国各地で見られるうなぎの楽しみ方の違いは、
各地の風土や食材の特性、地元の人々の嗜好が反映されています。

地元の特産品を活用したうなぎ料理を作ることで、地域の文化が保存され、地域経済も活性化します。

今年の土用の丑の日は、普段とは違う地域のうなぎ料理を試してみるのも一興でしょう。
各地の特色あるうなぎの味わい方を探求することで、新たな発見があるかもしれません。


まとめ

伝統を守りつつも、地域の特色を活かした食文化の楽しみ方を見つける。
それが、日本の美しい食文化を継承し、さらに発展させていくひとつの方法と言えるでしょう。

「土用の丑の日」と「うなぎ」という食文化は、古代から続く日本独自の伝統と習慣を反映しています。
食べ物がその時期の気候や風土とともに選ばれ、人々の生活や健康を支える形で存在しています。

こうした文化を理解し、実践することで、私たちは日本の豊かな自然と歴史を体験し、尊重することができます。

今年の土用の丑の日も、ぜひ、この伝統を体験し、
うなぎを味わいつつ、日本の文化に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

522

Information JAPANにお任せくださいFOLLOW US

日本が「観光立国」を目指している昨今、インバウンド受け入れ整備の重要性は日に日に増しております。 旅行代理店様の「インバウンドツアーをもっとスムーズに手配したい」、飲食店・観光施設様の「もっと多くのインバウンドを受け入れたい」どちらの想いもInfomation JAPANが叶えます。 豊富な実績を誇るInfomation JAPANが、旅行代理店様・飲食店・観光施設様・訪日ゲストの全員が満足できるツアーのお手伝いを致します。